<< 平成25年度の余剰電力の買取単価は38円!? | main | 充電池をタダで充電して乾電池代はゼロ円! >>

1万円以下のソーラー(太陽光)発電システムの製作方法

当ブログはお引越し中です。

この記事は画像などを修正、加筆して、

・新ブログのトップページ
自作DIYソーラーと太陽光発電で売電・節約・エコ人生

・新しい記事ページ
1万円で自作したDIYソーラー発電の具体的な製作方法

という記事に移行しました!  



1万円以下のシンプルな自作ソーラー(太陽光)発電システム』の具体的な制作方法を紹介いたしますね。

太陽光発電システムの自作とはいっても、ちょちょいと線をつなぐだけの簡単工作です。
こういうのに慣れている方なら10分ほどで出来てしまいます。


システム設計図
1万円の自作ソーラー(太陽光)発電、設計図

設計図というか・・・そのまんま繋ぐだけで完成します(笑)
+と-さえ間違わなければOK。

・ソーラーパネルとチャージコントローラーを接続
・バッテリーとチャージコントローラーを接続
・シガーソケットとチャージコントローラーを接続


の3工程。


必要なもの
1万円以下で揃えた、ソーラー(太陽光)発電機器
太陽光発電の自作でケーブルなどを接続するために必要な小物
太陽光発電の自作に使った電工ペンチ

・ソーラーパネル
・チャージコントローラー
・バッテリー
・シガーソケット
・配線コード
・キボシ、クワ型端子
・ナット・ボルト・ワッシャ
・電工ペンチ


キボシやクワ型端子、電工ペンチなどは、ホームセンターでセットになっている物が2000円程度で売られています。
カーオーディオとかカーナビを自分で取り付けたりする人にしてみれば、おなじみの道具ですね。
被覆を剥いたり、端子を圧着したり出来ます。


ソーラーパネルの裏側
10Wのソーラーパネルの裏側
ソーラーパネルの裏側はこんな感じ。
+と-のケーブルが出ているだけです。
黒いボックスの中に、電流の逆流を防止するためのダイオードが封入されています。


ソーラーパネルを窓際に置いて電圧を測ってみる
10Wのソーラーパネル、窓際での発電状況
19.52V・・・このソーラーパネルが発電できる最大値ですね。
西向きの窓際でこれならまずまずですね。


蛍光灯の下ではどうか?
10Wのソーラーパネル、蛍光灯での発電状況
1.91V・・・まぁこんなもんですか。
蛍光灯の下でも若干は発電するようですが、バッテリーに蓄電できるほどの発電量ではありません。


ソーラーパネルとチャージコントローラーを接続
ソーラーパネルから出ているケーブルの被覆を剥く
ソーラーパネルからのケーブルの被覆を剥きます。

ソーラーパネルをチャージコントローラーと接続
それをチャージコントローラーに接続します。

すると『Charge』ランプが点灯して、ソーラーパネルが太陽光を受けて発電していることが確認できます。


バッテリーをチャージコントローラーに接続
バッテリーの電圧を測定
まず、バッテリーの電圧を測ってみます。
13.2V、そこそこ充電されているようですね。

バッテリーの接続に使うケーブル
ケーブルを必要な分だけ同じ長さに切っておきます。

バッテリーの接続用のケーブル完成
ケーブルの両端の被覆を剥いて、片側にクワ型端子を圧着します。

バッテリーとチャージコントローラーを接続
クワ型端子はバッテリーへ、ケーブルはチャージコントローラーへそれぞれ接続します。

バッテリーの残量をあらわす『Battery』のインジケーターが点灯します。
このチャージコントローラーは3段階でバッテリーの残量を表示してくれるようです。


シガーソケットのケーブルを延長してチャージコントローラーに接続
シガーソケットのケーブルを延長加工
必要な長さのケーブルを、キボシを使ってシガーソケットに接続します。
シガーソケットにはもともとキボシがついていたので、そのまま使います。

シガーソケットとチャージコントローラーを接続
無事に3系統の接続が終わりました。


めでたく完成
スマホとタブレットを同時に充電
2連タイプのシガーソケットを使ってスマホとタブレットに充電しています。

製作にかかった費用は7,200円ほど。
手持ちの道具や部品を使ったので安くあがりました。
電工ペンチなんかを購入しても1万円でおつりが来ちゃいますね。


インバーターを使っていないので、変換ロスが少なくファンの騒音もありません。
シガープラグから電源を取れる製品であれば何でも使えますね。

ちなみに、スマホの充電であれば夜間に3・4回ほどフル充電しても、バッテリー残量には余裕があります。
新潟おてんとサンのスマホはバッテリーの消費が激しいので、昼夜問わずガンガン使っています。

普段は、ソーラーパネルをコンテナBOXの上に、フタをするような格好で置いておき、窓際に放置してあります。


電工ペンチの使い方は
電工ペンチを使ってキボシやクワ型端子などを圧着(かしめ)してみよう
で詳しく書きました。


さて、いかがだったでしょうか?


自作とは言っても、自作したのはケーブルの被覆を剥いて圧着するくらいの作業しかしていません(笑)

ヤフオクで安い機器を探すことに一番時間がかかりました。
ブログに掲載用の写真を撮影しなければ、10分かからずに太陽光発電システムを制作できたことでしょう(笑)


以上、『かんたん自作ソーラー発電』の新潟おてんとサンでした。


【関連記事】

自作ソーラー(太陽光)発電システムの基本
自作ソーラー発電はロスとリスクの塊!?
自作に使うソーラーパネルの選定
沢山の種類があるソーラーパネルは何がどう違うのか?
自作に使うバッテリーの選定と電圧
必読!バッテリーの種類による危険性
自作で使ったチャージコントローラーとその役割
解決!チャージコントローラーとソーラーパネルの関係
インバーターの役割って?交流と直流のおさらい
ソーラー(太陽光)発電用語集

予算1万円なら(自作初心者向き)
1万円以下の自作ソーラー(太陽光)発電システム
⇒具体的な製作方法
充電池を使って乾電池代を節約してみよう
ZO-3(アンプ内蔵ギター)を鳴らしてみよう

予算4万円なら(DIYがお好きな方)
4万円以下の自作ソーラー(太陽光)発電システム
具体的な設置方法
自作システムに中古バッテリーを増設
自作システムに新品バッテリー増設とケーブル類メンテナンス
扇風機は何時間動かせるのか?
消費電力の高いドライヤーは使えるのか?
電動ドライバーは使えるのか?
ワットモニターで電力を計測してみよう!


番外編
プラレールを太陽光で動かしてみよう
プラレールを太陽光で動かしてみよう(その2)

もっと詳しく知りたい『バッテリー』や『ソーラーパネル』の事
バッテリーの容量、『Ah』と『Wh』って何だろう?
バッテリーの『時間率』って何だろう?
バッテリーの容量と使える電力の関係
複数接続したバッテリーの電圧と容量
30Ahのバッテリー、電力と運用時間の早見表
50Ahのバッテリー、電力と運用時間の早見表
105Ahのバッテリー、電力と運用時間の早見表
バッテリーの運用時間をエクセルでシミュレーション
複数接続したソーラーパネルの電圧と電流
ソーラーパネル発電量をエクセルでシミュレーション
バイパスダイオードと逆流防止ダイオードの違いと働き

コラム
自作ソーラー発電、初心者の心得

at 16:10, 新潟おてんとサン, 1万円で自作ソーラー発電

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment









trackback
url:http://home.solar-make.com/trackback/65