<< 2013年10月のソーラー(太陽光)発電状況 | main | 太陽光は新潟市でも元がとれるのですか?初期費用とは別に何年後かに設備交換等の費用が必要ですか? >>

PC初心者でも『身代金要求型ウィルス』からパソコンやデータを守る方法!

身代金要求型ウィルス』が巷を賑わせ始めている様子です。
コンピュータウィルスと詐欺が手を組んで襲ってくるイメージです!

新潟おてんとサンはPC初心者ではありませんが、正直なところこのウィルスは怖いと感じます。


身代金要求型ウィルスなどのコンピュータウィルスに感染してしまうということは、特にパソコン初心者にとっては脅威というほかはありません

このようなウィルスに対して初心者でも実践できる最低限の予防法などをまとめてみます。


身代金要求型ウィルスの特徴

・パソコンの起動直後にフリーズ
・『違法な行為をしたのでロックした』などといったメッセージ
・『パソコンのロックを解除するにはお金が必要』といったメッセージ
・再起動しても直らない

というのが代表的な症状。

手の込んだ身代金要求型ウィルスになると、
・偽のセキュリティソフトが勝手に起動
・あたかもウィルスチェックをしているかの表示
・パソコンを使った作業は当然できない
・大量のウィルスを発見(偽のセキュリティソフトが嘘の表示)
・『ウィルス駆除には有償版が必要』と購入を迫る

というものもあるようです。

共通しているのはウィルスが金銭を要求してくるところです。
感染してしまうこと自体が不愉快なのに、ウィルス製作者にお金なんて絶対に払いたくないですよね。


知らずにカモにならないこと!

身代金要求型ウィルスの要求に応じてお金を支払ったところで、ウィルスを駆除できる保障はありません!
また、データが無事という保障もありません。

むしろ『お金を支払っても解決できないと認識しておくべきだと思います。

お金を支払っても、
・見かけ上はウィルスが駆除できたように見せかけておき
・他のファイルや他のコンピュータに感染を拡大させる

といった動作をする危険性があると考えて欲しいのです。

1度お金を支払っても、追加で要求して来ない保証もありません。
つまり、言いなりになってしまった場合『カモ』や『共犯』にされてしまう可能性があるということです。

悪質な訪問販売などなど、良からぬ事を考える輩ってのには共通した部分があるものです。


身代金要求型ウィルスの感染経路

普通にインターネットを使っているだけで知らずに感染してしまうといったパターンがほとんど。
ネット上のどこに危険が潜んでいるのか分からないといった認識を持つべきだと思います。

そしてセキュリティソフトを最新の状態に更新したからといって100%安全とは言い切れません

このようなウィルスたちは、
・JavaScriptの実行
・Javaが古い
・Adobe Readerが古い
・Flash Playerが古い
・UpdateされていないWindows

といったソフトウェアの脆弱性につけ込んでコンピュータに侵入します。

これらはパソコンを快適に使うために欠かせないソフトウェア群だと言えます。
コンピュータに詳しくない初心者だってインターネットを使うたびに無意識のうちに利用してしまっているソフトウェアです。

また、味気ないテキストのみだったインターネットの世界を華やかに演出してくれているソフトウェアでもありますね。
つまり、上記のソフトウェアって今のインターネットにとって必要不可欠な存在といえるのです。


PC初心者でも感染からパソコンを守れる

身代金要求型ウィルスや他のウィルスについてちょっと知るだけで初心者にもできる対策が見えてきます。
セキュリティソフトの更新と同様に、以下のソフトウェアも最新の状態に更新しておけば良いのです。

具体的には、
・Java
・Adobe Reader
・Flash Player
・Windows

最新の状態にするということです。

それぞれのソフトは更新版があると更新を促してくれます。
WindowsUpdateも空き時間に自動更新する設定が良いでしょう。
上記4項目に関しては、Updateを無効化するとリスクが激増してしまうので注意してください。

特に『Java』に関しては、
・マメに更新する
・いっそ削除(アンインストール)する

という風に割り切って対応するのが吉です。

更に完全を望むのであれば、
・信頼性の低いサイトを閲覧するときは『JavaScript』を実行しない設定にする
という対策もあります。

『JavaScript』とは、ブラウザが実行できるプログラミング言語のことです。
『JavaScript』を実行する設定になっていると、ブラウザが悪意あるソフトウェアを実行してしまうのです。

ただし、『JavaScript』を実行しない設定にするとネットサーフィンが非常に不便な感じになってしまうので、必要に応じて設定を切り替えるのが良いかも知れません。

『Java』と『JavaScript』は別物なので、ご自身のスキルアップも含めて調べてみることをお勧めします。

『Java』はお使いのPC環境によっては必要ない場合もあります。
『JavaScript』はブラウザの設定からON・OFFできます。


大切な情報を守るために日頃から気をつけておくこと

徹底的にバックアップ!これに尽きます
できれば『外部ハードディスクを準備して、定期的にそこへバックアップする設定にしておくのが賢明です。

どうして『外部ハードディスク』なのか?

購入したパソコンには大抵は1台のHDDが内蔵されています。
この1台のハードディスクにバックアップを取ることもできるのですが、このHDDがウィルスに感染してしまった場合はバックアップごとデータが壊されてしまう可能性もあります

また、ウィルスに感染した状態のWindowsを起動してバックアップから復元するというのは、初心者にとっては難しいです。

Windowsをセーフモードで起動してセキュリティソフトを実行したり、必要があればレジストリを編集したりしてウィルスを駆除することになります。
Windowsがセーフモードで起動できれば良いのですが、そこもご丁寧にブロックしてくるウィルスだって存在します。

外部HDDにバックアップを取っておけば
・Windowsをインストールし直す
・外部ハードディスクのウィルススキャン
・外部ハードディスクのバックアップを使って復元

という手順でパソコンやデータを復元することができますね。

業者にリカバリをお願いする場合だって、データを復旧できる可能性は格段にアップするはずです。


もし感染したら?

まずは、他への感染を防ぎましょう!

具体的には、
・インターネットとの接続を切る
・外部ハードディスクやUSBメモリなどは外す

ということでしょうか。

次に、パソコンやデータを救出しましょう!

・Windowsをインストールし直す
・更新の必要があるソフトを全て更新
・外部ハードディスクやUSBメモリのウィルススキャン
・外部ハードディスクのバックアップを使って復元


です。

自分でできない場合は・・・詳しい人にお願いするか、業者にお願いするしかないかもしれません。
ですが、ちゃんとバックアップを取っておけば、もしもの時に貴重なデータを失わずに済みます


さて、いかがだったでしょうか。

『そんなの知ってるよ』って言われてしまいそうな基本的なことばかりなのですが・・・。

ニュースを眺めていて、
『特にPC初心者の方には、悪意のあるソフトウェアの思惑通りにならないで欲しい』
と感じてしまったのです。


パソコン初心者の方にとってはチンプンカンプンな言葉も出てきたかも知れません。

簡単に言えば、
『予防(マメな更新)とバックアップで何とかなる!』
ってことが言いたかったワケです。


新潟おてんとサンは、かれこれ25年ほどパソコンをいじって遊んでいます。
そのワリにたいしたスキルは持っていないのですが(笑)

それでもコンピュータウィルスによる深刻な被害は受けずに済んでいます。
いざとなればOSの入れ直しですから(笑)

ただし、バックアップは非常に重要です。


ここまで深刻なウィルスでなくても、マルウェアとかスパイウェアなんて呼ばれるものも存在します。

例えば、
『変なサイトのウィンドウが常に前面に表示』
『カウントダウンしながら支払いを要求してくる』
『消えない、絶対に』
『再起動してもキッチリ表示して、やっぱり消えない』

っていうのが有名ですね。

普通にパソコンは使えるものの『変なサイトのウィンドウ』が非常に迷惑な画像だったりします。
会社や共通で使っているパソコンなんかだとホントに困ってしまいます。

まぁ、変なサイトを閲覧してクリックまでしてしまうと、勝手にインストールされてしまう類のものですね。
『身から出たサビ』とも言えなくはないのですが・・・。


危機意識を持ってサイトを閲覧することも予防に繋がると感じます。


以上、『かんたん自作ソーラー発電』の新潟おてんとサンでした。

at 17:31, 新潟おてんとサン, 新潟おてんとサン 日記

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment









trackback
url:http://home.solar-make.com/trackback/304