<< 節電といえばLED!でもどうしてLEDなの? | main | 200Wパネル&GTIの限界? >>

台風27号はさらに強い!?2013年の台風事情は?

台風26号が去ったばかりだというのに、もう次の台風27号が発生してしまっています。

この台風27号は、先の台風26号の経路と似ているうえに、勢力はさらに強くなる可能性もあるといいます。


10年に一度の台風と謳われた台風26号
この台風26号が太平洋沿岸を通過した際は、僕の住む新潟県は強めの雨と風となった程度で事なきを得ました。

ですが、
・台風27号が今後どのような経路をたどるのか?
・大陸に抜けるのか?
・日本直撃か?

など、どうなるのか分からない以上は警戒しないワケには行きませんよね。


さて、9月に入ってから『台風』や『竜巻』がメディアを賑わす機会が多いと感じています。
実際のところ、2013年の台風事情はどうなっているのでしょうか?


この日記を書いている(2013年10月18日)時点で、
・2013年の台風発生件数、27件
・2012年の台風発生件数、25件
・2011年の台風発生件数、21件

また、この9月で8件、10月現時点で4件の台風が発生しています。

9月で8件は多い方だと思いますし、10月半ばで4件という数字も伸びる可能性がありますね。


参考までに、いままでで台風の発生件数が多かった年と少なかった年を比較して見ましょう。

最も台風の発生件数が多かった年
・1967年、発生件数39件

最も台風の発生件数が少なかった年
・2010年、発生件数14件

となっています。


今年は既に27件の台風が発生しているので、30件以上になることも考えられます
過去の情報と比べてみると、年間で30件以上の台風というのは上位に分類されると思います。

つまり今年は、いわゆる『台風の当たり年』と言えるのかも知れませんね。
まぁ当たって嬉しいことではありませんが、家屋の周辺の整理など対策はシッカリしておいた方が良さそうです。


かくいう新潟おてんとサンも、DIYソーラーやソーラーパネルの固定を強化しようと考えています。


※各データについては気象庁のHPより引用して集計したものです。


以上、『かんたん自作ソーラー発電』の新潟おてんとサンでした。


【関連記事】

竜巻の発生場所の分布図と県別の発生件数を知ろう
竜巻から身を守るためには!?
台風と竜巻の関係
台風と熱帯低気圧と温帯低気圧、一体なにが違うのか?
複数の台風が接近・干渉し合うどうなるのか?藤原の効果とは?

at 17:52, 新潟おてんとサン, 竜巻の分布や台風との関係など

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment









trackback
url:http://home.solar-make.com/trackback/287