<< フロリダブルー(ハマー)の稚ザリが更に脱皮した! | main | 台風27号はさらに強い!?2013年の台風事情は? >>

節電といえばLED!でもどうしてLEDなの?

新潟おてんとサン家の周辺の街灯が軒並みLED化されました。
信号機なんかもLEDのものが多くなってきていますよね。

単順に消費電力が低いというメリットが目立ちますが、設備投資に費用もかかるワケですし、それでもLED化することって必要なのでしょうか?

以下に照明をLED化することでのメリットなどをまとめてみます。


照明で消費する電気料金の割合は?

家庭での消費電力の内訳は、
・エアコン、25%
・冷蔵庫、16%
・照明器具、16%
・テレビ、10%
・その他、33%

程度といわれています。

家庭によっての違いはありますが照明器具は堂々の3位に輝いています。
照明器具って使用する時間が長いので知らずに長時間の消費になってしまいます。

消費電力が上位になっている製品を節電のターゲットとすることで効率良く節電できるのです。
つまり、照明をLED化するのは節電効果が高いのです。


LEDってどのくらい省エネなのか?

LEDの消費電力は、
・白熱電球の約20〜25%
・蛍光灯の約40〜50%

といわれています。

照明を全てLED化すると消費する電力が半分以下になってしまう計算です!
購入する際はちょっと高くなってしまいますが、圧倒的にLEDの方が消費電力が少ないのです。


LEDは寿命がとっても長い!

一般的な照明器具の寿命は、
・白熱電球は1000〜2000時間
・蛍光灯は6000〜12000時間

といわれています。

これに対してLEDの寿命は4〜6万時間とされています。
蛍光灯の5倍、白熱電球と比べると実に50倍もの長寿命です。

消費電力が低い上に耐用年数も遥かに長いのです!

ちょっとくらい導入に費用が掛かったとしても、従来の照明器具を使うよりも節約できるのは一目瞭然ですね。


すばやく点灯して、すばやく消える

LEDは通電した瞬間に点灯し、点滅にも強いといえます。

また、蛍光灯のようにインバーターやグロー管などの補助機器は必要ありません


発熱が少なく、赤外線や紫外線を含まない

LEDは通電(発光)しても発熱しないという特性があります。
そして、LEDの光は赤外線をほとんど含まないので、光が当たっている部分が熱くなることがありません

また、LEDの光は紫外線をほとんど含まないので、光が当たっている部分の日焼けや色あせ、劣化を起こしにくいといえます。

紫外線をほとんど含まないLEDの光には昆虫が集まることがありません
昆虫が夜の明かりに集まってくるのは紫外線に引き寄せられるという理由があるからです。
つまり、昆虫を捕食するその他の小動物も集まりにくいといえます。


さて、いかがだったでしょうか。

ざっと挙げるだけでも多くのメリットがありますね。


新潟おてんとサン家では全ての白熱球をLEDに交換してあります。
玄関灯やカーポートのセンサーライトもLEDです。

こうやって記事をまとめると、害虫があまり寄って来なかったという事実にいまさらながら気付いたりします(笑)

小さな昆虫が集まらないことで、それを餌にする蜘蛛やカエルもあまり寄ってこないって事なんですね。

発熱しないということはロスが少ないということですし、やはり省エネにLEDは欠かせない存在だと言えますね。


以上、『かんたん自作ソーラー発電』の新潟おてんとサンでした。


【関連記事】

電気料金を節約しよう
家電製品の『保温』には気を付けよう
パソコンだって使い方一つでもっと節電できる
お部屋の保温効果を上げて電気料金を節約しちゃおう
・節電といえばLED!でもどうしてLEDなの?

エコ運転でガソリン代を大幅に節約
ガソリン満タンだと重量が増えて燃費が悪くなるってホント?
安全運転ってエコの塊ですよ

もっと身近に節約・節電
クレジットカードでポイントを貯めまくって上手に節約
石油ストーブは強力な節約・節電アイテム
節電や節約の意識が低い家族を、かんたんに節約人間にする方法

at 19:54, 新潟おてんとサン, 節電・節約お役立ち小ネタ

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment









trackback
url:http://home.solar-make.com/trackback/286