<< 10月も半ば、今年は台風が多い!? | main | 節電といえばLED!でもどうしてLEDなの? >>

フロリダブルー(ハマー)の稚ザリが更に脱皮した!

新潟の最低気温は10℃に迫ろうという今日このごろ。
水槽ヒーターの電気料金も気になりますが、フロリダブルー(ハマー)の稚ザリの成長具合も気になる所です。


このところ脱皮の回数が減ってきていたフロリダブルー(ハマー)の稚ザリが脱皮していました。
脱皮直後のフロリダブルー
手前でジッとしているのが脱皮に成功したフロリダブルー(ハマー)の稚ザリです。
奥にあるのが脱皮した殻ですね。


ロカボーイMの傍らでジッと殻が固くなるのを待っている感じです。
脱皮して一回り大きくなったのですが、まだまだ小さくてカワイイです。

まぁ、この水槽のザリガニゾーンで生活している稚ザリのなかで、一番大きい稚ザリくんになったワケです。
あと1・2日すれば、たくましく餌を食べるようになるでしょう。


水換えと給餌くらいしか世話をしていませんが、日々たくましく成長する姿には癒されますね。
他の稚ザリくんたちもドンドン大きくなって欲しいものです。

欲をいえば・・・50cmほどに成長してくれたら驚異的に嬉しいのですが!
まぁ僕の妄想です(笑)


画像が1枚だけでは寂しいので
自作セパレーターがお気に入りの2匹
仕切り板クライミング中の2匹の画像もアップしました。
どうやらこの2匹はセパレーターによじ登るのが好きみたいで、暗くなると仕切り板にくっついています。

一言でザリガニといってもそれぞれに個性があって、行動や餌の好みまでバラバラです。
ザリガニゾーンを縦横無尽に闊歩する姿は眺めていて時間を忘れてしまいますね。


以上、『かんたん自作ソーラー発電』の新潟おてんとサンでした。


【関連記事】

節電アクアリウム
節電のために水槽をキャプロンで冬囲い
120cmのアクリル水槽のお掃除

DIYで節約飼育用品
水槽セパレーターを自作してみよう
自作の穴あきプラケースで単独飼育
レイシーP-425Sのメンテナンス

フロリダブルー(ハマー)飼育
フロリダブルー(ハマー)の稚ザリが脱皮した!
・フロリダブルー(ハマー)の稚ザリが更に脱皮した!
フロリダブルー(ハマー)が脱皮を繰り返して大きくなってきた
アメリカザリガニの稚ザリが脱皮した
120アクリル水槽のザリガニゾーンに流木を追加
リング濾過材をネットに入れて水槽に直接放り込む!
脱走防止の自作セパレーターの効果のほどは?

at 19:23, 新潟おてんとサン, 節電・節約アクアリウム

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment









trackback
url:http://home.solar-make.com/trackback/285