<< 脱走防止の自作セパレーターの効果のほどは? | main | 10月も半ば、今年は台風が多い!? >>

節電や節約の意識が低い家族を、かんたんに節約人間にする方法

直接的な節約や節電の方法ではありません。
家庭内で協力者を獲得(笑)すると節約や節電の大きな手助けになってくれるというお話です。


節電や節約って、上手に協力してもらわないと煙たい顔されちゃいます(汗)』


まぁ新潟おてんとサンもそうなのですが、
・意地の悪い小姑の如く次々に家電の電源を落として行ったり
・色々なことに気がついて指摘ばかりしてしまう

などなど、非常に煙たい顔をされてしまうことがあります(涙)


節約や節電に対する意識が違うだけなんですよね。


節電や節約って、
・ちょっとマメさが必要だったり
・便利さを削ったり

のひと手間を要するワケですから、チョット面倒臭かったりするんです。


で、こんな状況を打破するための簡単な方法をお一つ伝授いたします!
(そんな大それた事ではないのですが・・・)

それは、
ターゲットのお小遣いを増額してあげる!』
って事です。

で、その増額したお小遣いの中から光熱費を支払ってもらうんです!
節約に成功すればお小遣いは増額となりますし、浪費してしまえば自腹を切ることになってしまいます。


例えば、電気料金が18,000円ほどの家庭であれば、
『ダンナさんのお小遣いを1万8千円アップ!』
するワケです(笑)

増額した分のお小遣いから光熱費を支払うワケですから、ダンナさんが節約した分はダンナさんの懐に入ってしまいますが、節電に対しての意識はかなり変わります

もうね、
・電気を点けっぱなしでウトウト
・トイレの電気の消し忘れ
・エアコンの消し忘れ
・寒くも無いのにエアコンON

なんかは勿体無くてできなくなりますから(笑)

ただし、定期的に金額の見直しは必要です。
頑張ればお小遣いが増える程度の微調整が必要なのです。


これにはもう一つポイントがあって、ガス・水道・電気の全てをダンナさんに任せてしまうと、節約した分が家庭に残らなくなってしまいます。

なので、期間を設けて『ガス⇒水道⇒電気』という形でサイクルさせると良いかもしれませんね。
クセが付いてきた頃に次の課題に移行します。

1年もすれば、
節約や節電に非協力的だった家族が、いつの間にか節電・節約のエキスパート
になっちゃいますよ。


これね、実際に中学生のお子様に試した方がいてナカナカの効果を発揮していましたよ。
カリカリの節電でなくても、怠け癖で浪費していた部分が大幅に減ったそうです。


口うるさく言うばかりでは煙たい顔されちゃうのがオチです。
あんまり突き詰めるのではなくて、ゲーム感覚で楽しみつつ取り組んだ方が長続きしそうですよね。


以上、『かんたん自作ソーラー発電』の新潟おてんとサンでした。


【関連記事】

電気料金を節約しよう
家電製品の『保温』には気を付けよう
パソコンだって使い方一つでもっと節電できる
お部屋の保温効果を上げて電気料金を節約しちゃおう
節電といえばLED!でもどうしてLEDなの?

エコ運転でガソリン代を大幅に節約
ガソリン満タンだと重量が増えて燃費が悪くなるってホント?
安全運転ってエコの塊ですよ

もっと身近に節約・節電
クレジットカードでポイントを貯めまくって上手に節約
石油ストーブは強力な節約・節電アイテム
・節電や節約の意識が低い家族を、かんたんに節約人間にする方法

at 02:26, 新潟おてんとサン, 節電・節約お役立ち小ネタ

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。