<< パソコンだって使い方一つでもっと節電できる | main | 安全運転ってエコの塊ですよ >>

家電製品の『保温』には気を付けよう

さて『保温』する家電といわれてどんな製品が思い浮かびますか?

・電気ポット
・炊飯ジャー
・ホットプレート
・シャワートイレ
・コーヒーメーカー


などなど、色々思い浮かびますね。


実はこの『保温』する機能がある家電製品、『保温している状態のときって意外と電力を消費しているのです。

電気ポットや炊飯ジャーといった家電は、知らずのうちに『保温』状態を維持してしまいます。
また、『保温』していることに気付かずに放置してしまうことも多々ありますね。


この『保温状態とっても無駄な電力を消費してしまっているので、ちょっと意識するだけで節電できてしまうのです。
炊飯ジャーと電気ポットの節電について、ちょっとお話させていただきますね。


炊ジャーの『保温』機能って便利ですよね。

朝に炊いたご飯が夜までホッカホカ!
その気になれば翌朝までだってホッカホカです(笑)

まぁイチイチ暖めなおすのも面倒ですからね、気持ちは重々分かります。
ですけどね、ソーラー発電家という肩書き(勝手に僕がそう言っているだけですが)を持つ新潟おてんとサンとしては非常にもったいないと思ってしまうのです。

ちょっとした無駄な電力を売電に回してしまえれば浪費が一転して収入に変わりますからね。

まず、朝の7時に炊いたご飯は保温にしていなくても何時間もホッカホカを維持できます!
さすがに夕方までは持ちませんが2・3時間は充分にホッカホカです。
というより熱々です(笑)

で、朝食べ切れなかった分は荒熱を取って冷凍しちゃいましょう。
炊きたてを冷凍保存したご飯はレンジで暖めればすぐに食べられますし、丸1日『保温』したご飯より遥かに美味しいです。

仮に、食べきれる量のご飯を朝・晩の2回に分けて炊いたとしても丸1日保温する電気料金よりは無駄が少ないです。
同じ電力を消費するのであれば、炊きたての美味しいご飯を食べた方が得した気分になりませんか?

・・・ちょっとした小姑っぽい感じですね、今の僕(汗)

新潟おてんとサンはその名の通り新潟県民ですので、お米にはチョットうるさいのです。
新米の出回るこの時期、やっぱり美味しくお米を食べたいじゃないですか。

お話は逸脱いたしましたが、炊飯ジャーの『保温』をやめることで、それなりの節電を実現できますよ。


そして、炊飯ジャーの『保温』に引けを取らないのが電気ポットの『保温』です!

かつてはお茶の間の必需品でした。
なぜ過去形でお話するかと言うと、その地位を電気ケトルなどの少量即席湯沸かしポットが奪い始めているからです。

この『電気ケトル』などの少量即席湯沸かしポットは、使う分のお湯を沸かす目的で用いられます。
電気を使ってお湯を沸かすのは電気ポットと変わりありません。
ですが、必要な量のお湯だけを沸かして『保温』はしない仕様なので、『保温』を続ける電気ポットよりも経済的なのです。

とはいっても、『電気ケトル』などの少量即席湯沸かしポットの存在をウチのお爺ちゃんは知らないようです(汗)
むしろ電気ポットの方がご年配の方にとってはまだまだ現役の便利グッズであり続けていたりします
もうね、電気ポットの『保温』を切るとウチのお爺ちゃんに怒られますから(笑)

確かに、お茶を入れたいときに『保温』しておいたお湯をすぐに使えるのは便利です。
でもね、『電気ケトル』などの少量即席湯沸かしポットでお湯を準備しても、大して時間が掛からないですし結果的に節電できますよね

さぁ、あとはウチのお爺ちゃんに『電気ケトル』のメリットを説明するだけで節電が実現できます(笑)
 

PR
   


さて、いかがだったでしょうか。


少しの『マメさ』は節約・節電を意識するうえでとっても大切な要素になりますね。

そして、継続していくためには、あまりにガッチガチに節電にこだわるのではなく、ちょっとした遊びゴコロも織り交ぜつつ楽しむ姿勢で取り組んだ方が気楽に継続できそうですよね。


以上、遊びゴコロを持って記事を書いてみた『かんたん自作ソーラー発電』の新潟おてんとサンでした。


【関連記事】

電気料金を節約しよう
・家電製品の『保温』には気を付けよう
パソコンだって使い方一つでもっと節電できる
お部屋の保温効果を上げて電気料金を節約しちゃおう
節電といえばLED!でもどうしてLEDなの?

エコ運転でガソリン代を大幅に節約
ガソリン満タンだと重量が増えて燃費が悪くなるってホント?
安全運転ってエコの塊ですよ

もっと身近に節約・節電
クレジットカードでポイントを貯めまくって上手に節約
石油ストーブは強力な節約・節電アイテム
節電や節約の意識が低い家族を、かんたんに節約人間にする方法

at 05:21, 新潟おてんとサン, 節電・節約お役立ち小ネタ

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment









trackback
url:http://home.solar-make.com/trackback/276