<< 太陽光発電の補助金って? | main | 自作で使ったチャージコントローラーとその役割 >>

自作ソーラー(太陽光)発電のDIYにチャレンジ

当ブログはお引越し中です。

この記事は加筆修正して、

・新ブログのトップページ
自作DIYソーラーと太陽光発電で売電・節約・エコ人生

・新しい記事ページ
自作のDIYソーラー発電にチャレンジしよう

という記事に移行しました!

 

意外と簡単に出来る自作ソーラー発電
趣味と実益を兼ねて自作ソーラー発電のDIYにチャレンジしてみました。
少しでも節電の約に立てればと思って運用しているのですが、趣味としても奥が深く面白いものだと思います。

以下に、このくらいは知っておいた方が良いと思う必要な知識や製作過程などを解説しました。
自作ソーラー発電の基本や、自作したソーラー発電を予算別に解説したので参考にしてみてくださいね。

『1万円以下の自作ソーラー』なら女子にもDIYできる!?かもしれません。

 

自作ソーラー(太陽光)発電システムの基本
自作ソーラー発電はロスとリスクの塊!?
自作に使うソーラーパネルの選定
沢山の種類があるソーラーパネルは何がどう違うのか?
自作に使うバッテリーの選定と電圧
必読!バッテリーの種類による危険性
自作で使ったチャージコントローラーとその役割
解決!チャージコントローラーとソーラーパネルの関係
インバーターの役割って?交流と直流のおさらい
ソーラー(太陽光)発電用語集

予算1万円なら(自作初心者向き)
1万円以下の自作ソーラー(太陽光)発電システム
具体的な制作方法
充電池を使って乾電池代を節約してみよう
ZO-3(アンプ内蔵ギター)を鳴らしてみよう

予算4万円なら(DIYがお好きな方)
4万円以下の自作ソーラー(太陽光)発電システム
具体的な設置方法
自作システムに中古バッテリーを増設
自作システムに新品バッテリー増設とケーブル類メンテナンス
扇風機は何時間動かせるのか?
消費電力の高いドライヤーは使えるのか?
電動ドライバーは使えるのか?
ワットモニターで電力を計測してみよう!

番外編
プラレールを太陽光で動かしてみよう(その1)
プラレールを太陽光で動かしてみよう(その2)

もっと詳しく知りたい『バッテリー』や『ソーラーパネル』
バッテリーの容量、『Ah』と『Wh』って何だろう?
バッテリーの『時間率』って何だろう?
バッテリーの容量と使える電力の関係
複数接続したバッテリーの電圧と容量
30Ahのバッテリー、電力と運用時間の早見表
50Ahのバッテリー、電力と運用時間の早見表
105Ahのバッテリー、電力と運用時間の早見表
バッテリーの運用時間をエクセルでシミュレーション
複数接続したソーラーパネルの電圧と電流
ソーラーパネル発電量をエクセルでシミュレーション
バイパスダイオードと逆流防止ダイオードの違いと働き

コラム
自作ソーラー発電、初心者の心得
 

自作の太陽光発電をDIYしてみて感じることは、バッテリーの使い方が非常に重要だという事です。

住宅用のソーラー(太陽光)発電システムには蓄電するという概念がありません。
発電した電力は消費に充てて、あまった電力は売ってしまう仕組みです。

※2013年2月注釈
最近ではリチウムイオン電池などに蓄電するシステムも増えています。
ですが、バッテリーが非常に高額になってしまう為、導入コストが高すぎるのが現状のようです。

一方、自作ソーラー(太陽光)発電システムの場合は、あまった電力を売ってしまう事が出来ません。
売電契約を結ぶには電力の質や設備に対するハードルが高く、素人レベルのDIY太陽光発電の電力では基準を満たす事が難しいのです。

以上のことから、自作の場合はバッテリーに充電して電力を使うことになります。
つまり、バッテリーの使い方がシステムのパフォーマンスに大きな影響を与えてしまうのです。


僕が作ったシステムは、出来るだけ安い費用で作ることを考えていたので、まだまだツメの甘いシステムです。
今後はシステムアップを図りながら、使える予備電源として機能させていくつもりです。

※新潟おてんとサンは素人です。
参考にされる場合は自己責任でお願いいたしますね。


以上、『かんたん自作ソーラー発電』の新潟おてんとサンでした。

at 04:58, 新潟おてんとサン, 自作ソーラー発電の基本

comments(2), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment
emi, 2013/01/07 11:05 AM

すばらしいです!電力会社に頼らずに発電できるのがいいですね。夢のようです。いつか私も自分で作ってみたいです

新潟おてんとサン, 2013/02/22 4:04 PM

コメントありがとうございます!
『意外と簡単に作れた』というのが作ってみた感想です。
もっとシンプルに、1万円程度で自作できるシステムも作ってみるつもりです。










trackback
url:http://home.solar-make.com/trackback/27