<< 5万円以下の自作ソーラー(太陽光)発電システム(GTI編) | main | GTIの発電量を測定して集計表を作ってみよう >>

ワットモニターが壊れたのでエレモニを買ってみた

エレモニ』なるモノが近所のホームセンターで売られていたので、思わず衝動買いしてしまいました(笑)
ワットモニターの替わりにエレモニ
コレがその『エレモニ』というもの。
気になるお値段は『1,280円』ナリ。

『ワットモニター』の機能を減らしてお安くした感じの商品ですね。
本家の『ワットモニター』よりもだいぶお値打ちな価格だったので2つ購入いたしました。


再度ヤフオクで『ワットモニター』を購入しても良かったのですが・・・無情にも1ヶ月足らずで壊れてしまった商品を再購入する気になれずにいたので丁度良かったです。
ワットモニターが壊れた!そして分解してみた


さて、この『エレモニ』をちょっと観察してみましょう。
エレモニ本体のアップ

気になる機能は、
・累計使用電気料金(円)
・累計使用電力量(kWh)
・消費電力(kW)
・1時間あたりの電気料金(円/時間)

を3秒間隔で順番に表示してくれます。


本家ワットモニターだと、
・ボタンで任意の表示を切り替え
・電気料金の単価を任意で設定

をすることが出来ます。

ですが『エレモニ』の場合はそれが出来ません。
目的の表示に切り替わるまでチョットお待ちいただく感じですね。
電気料金を算出する際の単価は22円/kWhで固定となっています。


この『エレモニ』のちょっと良いポイントは、
・測定する機器の差込口が2つある
・プラグ角度が可変で収納できる

といったところでしょうか。


まぁ、現在の消費電力と積算電力が分かれば目的は達成できるのでコレで充分です。
保険を兼ねて2つ購入しましたがそれでも2,560円ですからね。


では早速使ってみます。
水槽台下のタップ
たまに記事に登場する水槽の下の部分です。

ここにポンプやヒーターなどの電源をまとめてあるので、これらを束ねたタップの消費電力を測ってみることにします。


水槽用のヒーターが動いていない状態での消費電力は、
0.032kW』=『32W
となっています。

ポンプ・エアレーション・サーモで使っている電力なので、24時間消費し続ける電力と言うことですね。

ちなみに、
1日あたり
0.032kW × 24h × 単価22円=16.9円
の電気料金ですね。


水槽用のヒーターを稼動させてみるとこんな感じです。
水槽ヒーターONで消費電力300W超
0.341kW』=『341W

1日あたり
0.341kW × 24h × 単価22円=180.1円
の電気料金ですね。

これだけで1ヶ月に5,400円もの電気料金を消費することになってしまいます。
ヒーターが本気で稼動したら・・・考えたくありませんね(笑)

熱帯魚の飼育は電気代がかかるワケだ(汗)


新潟おてんとサンの当面の目標としては、この電力消費の激しい熱帯魚飼育に必要な電力を、自作ソーラーで賄うことです。

『エレモニ』で消費電力を監視して、どんな規模のオフグリッドソーラーをDIYする必要があるのかを検討いたします。


とまぁこんな感じで『エレモニ』は普通に使えるようです。



PR





今日はすでに日が暮れてしまいました。
明日以降『グリッド・タイ・インバーター』の給電状況を測定してみることにします。


以上、『かんたん自作ソーラー発電』の新潟おてんとサンでした。


【関連記事】

ワットモニターが壊れた!そして分解してみた
・ワットモニターが壊れたのでエレモニを買ってみた
グリッド タイ インバーターを使ったDIYソーラー
アクアリウム(カテゴリ)

at 17:45, 新潟おてんとサン, 新潟おてんとサン 日記

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment









trackback
url:http://home.solar-make.com/trackback/258