<< グリッド タイ インバーターを起動したときの様子 | main | ワットモニターが壊れたのでエレモニを買ってみた >>

5万円以下の自作ソーラー(太陽光)発電システム(GTI編)

当ブログはお引越し中です。

この記事は加筆修正して、

・新ブログのトップページ
自作DIYソーラーと太陽光発電で売電・節約・エコ人生

・新しい記事ページ
自作のDIYソーラー発電にチャレンジしよう

という記事に移行しました!

 

5万円以下!グリッド タイ インバーターと200WパネルでDIYソーラー

総額5万円以下で、
・200Wソーラーパネル
・500Wグリッド・タイ・インバーター

を使って自作ソーラー(太陽光)発電を設置しました。

バッテリーを使わずに商用電源に電力を供給するシステムです。
安全性や法のグレーゾーンの範疇となりますので、参考にされる場合は完全に自己責任で運用してください。

あくまで実験的に運用していると理解していただければ嬉しいです。

以下に、新潟おてんとサンが自作した過程などを解説いたしますね。
 

グリッド タイ インバーターを使ったDIYソーラー

5万円以下のGTIと200Wパネルで自作ソーラー(太陽光)発電システム

グリッド タイ インバーターってどんなモノ?

グリッド タイ インバーター起動の様子(動画)

日照不足で動作が不安定なGTIの様子(動画)

GTIの発電量を測定して集計表を作ってみよう

200Wパネル&GTIの限界?

とりあえずグリッド・タイ・インバーターが届いた!

グリッド・タイ・インバーターと200Wのパネルをポチってしまった!

ワットモニターが壊れたのでエレモニを買ってみた


グリッド タイ インバーターの運用状況

2013年9月

2013年10月

 

実際に『グリッド タイ インバーター』を使ってDIYしてみて感じることは、バッテリーを使わないのでシンプル&低予算ソーラーシステムを自作できたということです。


バッテリーに充電するシステムだと、チャージコントローラーやインバーターなどもそろえる必要があります。

100Wパネル1枚、バッテリー4個程度のシステムであれば4〜5万円もあれば作れてしまいますが、200Wのソーラーパネルとなると話が違って来ます。

200Wのソーラーパネルに見合うだけのバッテリーとチャージコントローラーなどを準備して24V系の独立系DIYソーラーを設置するとなると、それこそ4〜5万円では足りませんよね。


DIYとしてはチョット物足りないかもしれません。

設置したら放置ですし、システムアップするとしたらソーラーパネルの増設くらいしか方法は無いですからね。

ちょいちょい弄って遊びたい方には向きません。


かんたんに言うとお手軽なんです。


しかし、お手軽ではありますが気をつけなければならない点も当然あります

一番の問題点は、勝手に商用電源に電力を供給してしまうことです。

ソーラーパネルやグリッドタイインバーターの故障で済めば良いのですが、家屋の分電盤や電気製品、商用電力網に異常をきたしてしまっては元も子もありませんよね。


さて、いかがだったでしょうか。


何度も言いますが『グリッド タイ インバーター』は『あくまでも実験用』です。

この記事は『グリッド タイ インバーター』の使用を推奨するものではありません
参考にされる場合は、ご自身の判断で安全にDIYを楽しんでくださいね。


以上、『かんたん自作ソーラー発電』の新潟おてんとサンでした。
 

at 16:49, 新潟おてんとサン, グリッドタイインバーター

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment









trackback
url:http://home.solar-make.com/trackback/257