<< バッテリーの容量、AhとWhをマスターしよう! | main | バッテリーの容量と使える電力の関係 >>

バッテリーの『時間率』をマスターしよう!

当ブログはお引越し中です。

この記事は加筆修正して、

・新ブログのトップページ
自作DIYソーラーと太陽光発電で売電・節約・エコ人生

・新しい記事ページ
バッテリーの時間率を示す『HR』ってどんな意味?

という記事に移行しました!

 

バッテリーの容量-時間率
バッテリーに表記してある『時間率』って一体何のことなんだろう?

バッテリーに『5HR』とか『20HR』とか表記してあったら、それが『時間率』を表している表示です。

自作ソーラーでバッテリーを使う際に、考えれば考えるほどチンプンカンプンになってきそうな魔法の表記(笑)について解説してみようと思います。

 

様々なバッテリーの時間率


一般的なカーバッテリーは『5時間率
ディープサイクルバッテリーは『20時間率
で表記してあります。

オートバイ用のバッテリーは『10時間率
で表記することが多いようです。

これは、フル充電したバッテリーが規定の電圧(10.5V)に下がるまでに取り出せる電流を示す値です。

ね、チンプンカンプンです(汗)


バッテリーの性能を示していると考えるのが楽です。
バッテリーの容量として考えると・・・チンプンカンプンになります(笑)
 

バッテリーに表記されている時間率の具体的な意味


12V 30Ah(5HR』というカーバッテリーがあります。
5HR という部分が時間率ですね。
5時間率で表した性能です』という意味です。

フル充電の状態から電圧が10.5Vとなるのに、6Aの電流を5時間かけて取り出せる性能のバッテリーという意味です。
※6A × 5h = 30Ah 
※30Ah ÷ 5h = 6A


12V 105Ah(20HR』というディープサイクルバッテリーがあります。
20HR という部分が時間率ですね。
20時間率で表した性能です』という意味です。

フル充電の状態から電圧が10.5Vとなるのに、5.25Aの電流を20時間かけて取り出せる性能のバッテリーという意味です。
※5.25A × 20h = 105Ah
※105Ah ÷ 20h = 5.25A


やっぱりチンプンカンプンですね(泣笑)


性能テストの方法が違う』と理解するのが自然なのかもしれませんね。
5HRと20HRのどちらで表記してあっても、30Ahなり105Ahなりの容量は変わりません
 

同じ容量で異なる時間率のバッテリーでは、どちらが長持ちか?


仮に、
【AA】、『12V 30Ah(5HR)』
【BB】、『12V 30Ah(20HR)』
二つのバッテリーがあったとします。

どちらも容量は30Ahです。

【AA】、『12V 30Ah(5HR)』
は6Aで5時間使うと電圧が10.5Vとなります。

【BB】、『12V 30Ah(20HR)』
は1.5Aで20時間使うと電圧が10.5Vとなります。

この二つのバッテリーに同じ負荷を掛けてみると、どっちが長持ちするのでしょうか?
【AA】、『12V 30Ah(5HR)』のほうが長持ちします。

とはいっても、どちらも30Ahの容量があるということに変わりはありません。
5時間率で試験する方が厳しい性能テストとだということですね。
 

バッテリーの特徴


バッテリーというのは、大電流を短時間で消費するのは苦手で、小電流を長時間かけて消費するのは得意なのです。

大電流を短時間で消費すると『取り出せる電流の総量』が減ってしまいます。
また、温度などの条件によっても『取り出せる電流の総量』が変わってしまいます。

チビチビ使っていた方が、結果としてより多くの電流を取り出せるのです。


ちなみに、
日本車に使われるバッテリーは【JIS規格】の『5時間率』で
欧州車に使われるバッテリーは【DIN/EN規格】の『20時間率』で
それぞれ表示することが多いですね。
 

さて、いかがだったでしょうか?


自作ソーラー発電でバッテリーを使うのに、
『バッテリーの時間率についてシビアに考える必要はないのかも知れない』
というのが新潟おてんとサンの考えです。

バッテリーの性能を限界まで使うようなピーキーな構成は、結果としてシステム全体の寿命を縮めてしまうかも知れません。

それよりも、バッテリーや各機器の負担が少ないように余裕を持たせた構成で自作するのが安全だと考えています。


こうやって記事にしておきながら、新潟おてんとサンはやっぱり『時間率』のことを考えたりするのは苦手です。

新潟おてんとサンの頭脳は、チビチビとマイペースで負荷を掛けた方が、結果としてより多くの事を処理できるという性能なのです。
バッテリーと同じですね(笑)


以上、『かんたん自作ソーラー発電』の新潟おてんとサンでした。


【関連記事】

自作ソーラー(太陽光)発電システムの基本
自作ソーラー発電はロスとリスクの塊!?
自作に使うソーラーパネルの選定
沢山の種類があるソーラーパネルは何がどう違うのか?
自作に使うバッテリーの選定と電圧
必読!バッテリーの種類による危険性
自作で使ったチャージコントローラーとその役割
解決!チャージコントローラーとソーラーパネルの関係
インバーターの役割って?交流と直流のおさらい
ソーラー(太陽光)発電用語集

予算1万円なら(自作初心者向き)
1万円以下の自作ソーラー(太陽光)発電システム
具体的な制作方法
充電池を使って乾電池代を節約してみよう
ZO-3(アンプ内蔵ギター)を鳴らしてみよう

予算4万円なら(DIYがお好きな方)
4万円以下の自作ソーラー(太陽光)発電システム
具体的な設置方法
自作システムに中古バッテリーを増設
自作システムに新品バッテリー増設とケーブル類メンテナンス
扇風機は何時間動かせるのか?
消費電力の高いドライヤーは使えるのか?
電動ドライバーは使えるのか?
ワットモニターで電力を計測してみよう!

番外編
プラレールを太陽光で動かしてみよう(その1)
プラレールを太陽光で動かしてみよう(その2)

もっと詳しく知りたい『バッテリー』や『ソーラーパネル』の事
バッテリーの容量、『Ah』と『Wh』って何だろう?
・バッテリーの『時間率』って何だろう?
バッテリーの容量と使える電力の関係
複数接続したバッテリーの電圧と容量
30Ahのバッテリー、電力と運用時間の早見表
50Ahのバッテリー、電力と運用時間の早見表
105Ahのバッテリー、電力と運用時間の早見表
バッテリーの運用時間をエクセルでシミュレーション
複数接続したソーラーパネルの電圧と電流
ソーラーパネル発電量をエクセルでシミュレーション
バイパスダイオードと逆流防止ダイオードの違いと働き

コラム
自作ソーラー発電、初心者の心得
 

at 17:56, 新潟おてんとサン, もっと知りたい自作ソーラー

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment









trackback
url:http://home.solar-make.com/trackback/206