<< 売電の単価(平成24年度6月まで) | main | ソーラーパネル(太陽電池)の種類 >>

4万円以下の自作ソーラー(太陽光)発電システム

当ブログはお引越し中です。

この記事は画像などを修正、加筆して、

・新ブログのトップページ
自作DIYソーラーと太陽光発電で売電・節約・エコ人生

・新しい記事ページ
4万円で自作できた!かんたんDIYソーラー発電

という記事に移行しました!

 

■4万円以下の自作ソーラー(太陽光)発電システム
かんたん、4万円以下の自作ソーラー発電

節電のために2011年に自作(DIY)して、現在も運用しているシステムです。カーポートの上に設置してあります。
費用が掛かりすぎてしまっては節電の意味がないので、出来るだけ安い機器を選んで設置しました(笑)

日曜大工程度の簡単な工作(DIY)ですが、バッテリーなどを使用しているので運用には十分注意してくださいね。

この自作の太陽光発電システムは、ほぼ毎日パソコンの電源として使っています。


■システム概要図
かんたん、4万円以下の自作ソーラー(太陽光)発電システム概要図
+が赤、マイナスが黒、インバーターからコンセントは交流です。

ソーラーパネルで発電してバッテリーに充電するだけの仕組みなのですが、充電をコントロールするためにはチャージコントローラーが必要になります。
バッテリーへの過充電を防ぎ、発熱や発火などのリスクを軽減します。

そして、一般的な家電などを使うとなるとインバーターが必要になります。
自動車用のバッテリーは直流12Vなので、インバーターで交流100Vに変換して利用します。

普段使っている電気とは全く関わっていないので独立系システムという事になりますね。
ソーラーパネルのみをカーポートの上に設置して、チャージコントローラーなどはコンテナボックスに入れて運用しています。


■必用な機器
・ソーラーパネル
・ソーラーパネル用架台
・ソーラーパネル固定用ワイヤー
・チャージコントローラー
・バッテリー
・インバーター
・配線や室内へ引き込む屋外コンセントなど


アバウトですけど、これだけ揃えれば自作できます。
以下に、僕のシステムを例にしてそれぞれ解説いたしますね。


■ソーラーパネル(中国製の安価なもの)
自作ソーラーパネル
・公称最大出力:100W
・公称最大出力動作電圧:18.5V
・公称最大出力動作電流:5.4A
・外形寸法:1210×540×35(mm)
・重量8.2kg


ヤフオクで10,000円程度で新品を落札したものです。幅1.2mは意外と大きい印象ですね。
ソーラーパネルを追加したいときは、同じ規格のものを並列で接続すれば良いです。

ホームセンターでパイプ各種とジョイントを購入してきて架台として使っています。
4本の足が生えてきた感じになっています。

架台を含めて14kgほどの重量になりました。
風の影響を考えて架台の4隅とカーポートにワイヤーを張って固定してあります。
パネルはちゃんと固定しないと風で飛ばされてしまうので、飛ばされない工夫は必須ですよ!


■チャージコントローラー
■インバーター
■バッテリー

自作用バッテリーなど
一まとめにしてコンテナBOXに入れてあります。
配線が見にくいですが、概略図の通りに配線してあります。

・チャージコントローラー(中国製)
3,000円程度だったかな。これもヤフオクで落札(笑)
ソーラーパネルからの電力をバッテリーとインバーターに振り分けてくれます。
バッテリーやインバーターの電力の管理を細かく設定できます。
バッテリーの電圧が設定値になったら充電をストップしてくれたり、必須アイテムですね。
チャージコントローラーとソーラーパネルの関係については、
解決!チャージコントローラーとソーラーパネルの関係
で詳しく書いたので、興味があれば参考にしてみてください。

・バッテリー
自動車用の一番安くてコンパクトなバッテリー。
3,500円程度×2個
ケチって一番安い物をチョイスしているので容量もコンパクト(涙)
12Vのバッテリー2個を並列で接続しています。
インバーターが12V用なので並列で接続ですね。バッテリーを追加するときも並列で追加していけば良いだけです。

・インバーター
6,000円程度

自動車用のバッテリー、DC12Vを家庭で使えるAC100Vに変換する機器。


■配線
自作用コンセント
左は室内に引き込んである無線アンテナのケーブルです。
右がインバーターからの屋外用途の電線です。アンテナ線を引き込んである穴から一緒に室内へ引き込みました。

インバーターを動作させた時の無線への影響を考えると別の穴を開けたほうが良いのかも知れませんが、家も新築でもったいないので1箇所しか穴をあけられませんでした(笑)


■設置にかかった費用
・ソーラーパネル:10,000円
・チャージコントローラー:3,000円
・バッテリー2個:7,000円
・インバーター:6,000円
・配線や室内へ引き込む屋外コンセントなど:10,000円

占めて36,000円


ほとんど毎日、パソコンの電源として使っています。
節約できる電気代は1日あたり十数円でしょうか?(笑)

1日の節約が12円だったとして、
12円×365日=1年で4380円
8年間使い続ければ元が取れる計算です(汗)

ですが、バッテリーは持って3〜4年、パネルだって劣化します。
8年間使い続けるのはハードルが高いような気がします。
ちょっとした予備電源として少しは役に立つかもしれませんね。

趣味のDIYとしてはなかなか面白いと思いますョ!
太陽光発電の仕組みを簡単に理解できます。
パネルやバッテリーを追加したりといったカスタムな要素がありますしね。

システムアップして使える予備電源を目指してみます。


【関連記事】

自作ソーラー(太陽光)発電システムの基本
自作ソーラー発電はロスとリスクの塊!?
自作に使うソーラーパネルの選定
沢山の種類があるソーラーパネルは何がどう違うのか?
自作に使うバッテリーの選定と電圧
必読!バッテリーの種類による危険性
自作で使ったチャージコントローラーとその役割
解決!チャージコントローラーとソーラーパネルの関係
インバーターの役割って?交流と直流のおさらい
ソーラー(太陽光)発電用語集

予算1万円なら(自作初心者向き)
1万円以下の自作ソーラー(太陽光)発電システム
具体的な制作方法
充電池を使って乾電池代を節約してみよう
ZO-3(アンプ内蔵ギター)を鳴らしてみよう

予算4万円なら(DIYがお好きな方)
4万円以下の自作ソーラー(太陽光)発電システム
具体的な設置方法
自作システムに中古バッテリーを増設
自作システムに新品バッテリー増設とケーブル類メンテナンス
扇風機は何時間動かせるのか?
消費電力の高いドライヤーは使えるのか?
電動ドライバーは使えるのか?
ワットモニターで電力を計測してみよう!

番外編
プラレールを太陽光で動かしてみよう
プラレールを太陽光で動かしてみよう(その2)

もっと詳しく知りたい『バッテリー』や『ソーラーパネル』の事
バッテリーの容量、『Ah』と『Wh』って何だろう?
バッテリーの『時間率』って何だろう?
バッテリーの容量と使える電力の関係
複数接続したバッテリーの電圧と容量
30Ahのバッテリー、電力と運用時間の早見表
50Ahのバッテリー、電力と運用時間の早見表
105Ahのバッテリー、電力と運用時間の早見表
バッテリーの運用時間をエクセルでシミュレーション
複数接続したソーラーパネルの電圧と電流
ソーラーパネル発電量をエクセルでシミュレーション
バイパスダイオードと逆流防止ダイオードの違いと働き

コラム
自作ソーラー発電、初心者の心得

at 18:08, 新潟おてんとサン, 4万円で自作ソーラー発電

comments(4), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment
杉並おやじ, 2012/07/03 3:02 PM

いろいろ試みていらっしゃるようで、、頭が下がります。

杉並おやじもがんばってやっています。
電気自動車で通勤にガソリン不要、独立系太陽光発電で充電で電気代も不要、http://blogs.yahoo.co.jp/suginaminouen/20204155.html

新潟おてんとサン, 2013/02/22 7:19 PM

コメントをいただけて嬉しいです。

杉並おやじさまのブログは省エネ満載で楽しいですね!

電気、水道自活家, 2016/07/05 10:18 AM

お世話になります。冷蔵庫、PC,スマホ、給湯器(灯油と電気)、夜の照明(随時消灯)、テレビ朝と夜のニュース位を一括で太陽光発電に頼る場合、パネルは何ワットのものをいくつくらい設置すればいいでしょうか。後は売電する場合1パネルでいくらくらいの収入になりますか。それによってはパネルをたくさんつける用意があります。

新潟おてんとサン, 2016/07/06 6:47 PM

こんにちは、電気、水道自活家さま。
コメントありがとうございます。

>>パネルは何ワットのものをいくつくらい設置すればいいでしょうか

これは、
・それぞれの機器が何W消費するのか?
・トータルで1日何Wh必要なのか?
で大幅に変ってくるかと考えます。

また、照明などはDCで運用できるものを使うと、インバーター経由でACに変換して使うよりも遥かに消費電力を抑えることが出来ます。

以上を踏まえて、どの程度の電力(Wh)が必要なのかをザックリでも計算する必要が有りますね。

>>売電する場合1パネルでいくらくらいの収入になりますか

パネルが何Wのものか?
によって大分変わってしまいます。

また、売電する単価(円/kWhなど)に寄っても変わりますね。

例えば、200Wのパネルが1日に700Whの発電をしたとします。
つまり0.7kWhって事ですね。

コレを売電すると、
・45円/kWhで31.5円(H22年の単価)
・42円/kWhで29.4円(H23年の単価)
・38円/kWhで26.6円(H25年の単価)
・37円/kWhで25.9円(H26年の単価)
(700Wh/1日)
となります。

仮に10日の晴天が続いたとして、
200Wのパネル1枚あたり、
・45円/kWhで315円(H22年の単価)
・42円/kWhで294円(H23年の単価)
・38円/kWhで266円(H25年の単価)
・37円/kWhで259円(H26年の単価)
(700Wh×10日)
となります。

ただ、この数字も一概に言えません。
パネルによって発電効率も違いますしね。

それに、この記事で紹介したようなシステムでは売電は出来ません。

あくまで目安程度の数字ですが、参考までに。










trackback
url:http://home.solar-make.com/trackback/20