<< 4万円自作ソーラー発電システムに新品バッテリーを増設!ついでにケーブルのリフレッシュ | main | インバーターの役割って?直流(DC)と交流(AC)の違いとは? >>

4万円自作ソーラー発電システムでドライヤーは使えるのか?

当ブログはお引越し中です。

この記事は画像などを修正、加筆して、

・新ブログのトップページ
自作DIYソーラーと太陽光発電で売電・節約・エコ人生

・新しい記事ページ
4万円で自作したDIYソーラー発電でドライヤーを使っても大丈夫?

という記事に移行しました!

 

4万円、100Wの自作ソーラー(太陽光)発電システムでドライヤーを使ってみた
新潟おてんとサンが自作した4万円以下の自作ソーラー(太陽光)発電システムを使って、ドライヤーは使えるのか?実験してみました。

当初はバッテリー2つのシステムだったのですが、この実験をするときにはバッテリー4つのシステムとなっています。
自作システムに新品バッテリー増設とケーブル類メンテナンス


■ドライヤーと、洗髪後の自分を準備
自作ソーラー(太陽光)発電でドライヤーを使ってみた
今回の実験に使った『新潟おてんとサン』愛用のドライヤー。
かなり使い込まれています(笑)

本体背面には『1200W』と書かれています。
自作システムのほうは『13.4V』とまずまずの充電具合ですが・・・自作のソーラー発電で『1200W』の家電製品を駆動するには無理があるような、無いような。

スイッチは4段階、
・TURBO⇒『3』
・MILD⇒『2』
・SET⇒『1』
・OFF⇒『0』

です。

温風と送風の切り替えはせずに『HOT』にしたままとします。


さて、快晴に恵まれた5月某日の昼下がり、洗髪をすませた後に実験を開始します。

ちなみに新潟おてんとサンの頭髪スペックは、
・耳が隠れるくらい
・かなりのクセ毛
・パサつき気味
・量が多くてやっかい
・洗髪したまま放置するとパッと見3倍以上に膨れる

といった、自分でも手に負えない感じです。

かなりの強敵なので、僕のドライヤーも相手にとって不足は無いことでしょう。


■インバーターにドライヤーのプラグを差し込んで電源ON
インバーターの電源をON
一番左の黒い差込プラグから室内に電源を引き込んでいます。

インバーターの電源をONにすると、インバーターの送風ファンが回り始めます。
チャージコントローラーに表示されているバッテリーの電圧は『13.4V』から『12.9V』へと変わりました。
インバーター自身が消費する電力は結構大きいです。


■ドライヤーのスイッチを、いきなりTURBOにしてみる
ドライヤーのスイッチ『3』で動作停止
すると・・・インバーターへの電力の供給がストップして、チャージコントローラーには『short circuit』と表示されてしまいました。直訳は『回路短絡』。
ドライヤーはウンともスンとも言いません(汗)

チャージコントローラーとインバーターの保護回路が働いただけのことなんですけどね。
やはり『1200W』の負荷は手に負えないようです。
やはりドライヤーは強敵だった。

だって、このインバーターは『750W』ですもん。当然の結果なのですが。
分かってても・・・やってみないと気が済まないのです、新潟おてんとサン。

チャージコントローラーはリセットして、インバーターは電源を入れなおして、無事に復帰いたしました。

TURBOは無理みたいなので、SET⇒MILD(どちらも温風)でドライヤーを使ってみることにします。


■ドライヤーのスイッチをSETにしてみる
ドライヤーのスイッチ『1』で消費7A
ドライヤーは動作を始めて、チャージコントローラーに表示されている供給電流は『7.3A』となりました。

チャージコントローラーに表示されているバッテリーの電圧は『12.9V』から『12.6V』へと変わりました。

新潟おてんとサンの頭髪へ暖かい微風を送ってくれています。


■ドライヤーのスイッチをMILDにしてみる
ドライヤーのスイッチ『2』で消費13A
また保護回路発動かな!?とも思いましたが、ドライヤー・チャージコントローラー・インバーター共に問題なく動作しています。

チャージコントローラーに表示されている供給電流は『13.7A』となりました。

チャージコントローラーに表示されているバッテリーの電圧は『12.6V』から『12.4V』へと変わりました。

新潟おてんとサンの頭髪へ暖かい風を送ってくれています。


どうやら温風で『MILD』までは動作するようです。
しばらく頭髪を乾かしつつ様子をみていましたが、快適にドライヤーは動いていて、新潟おてんとサンの頭髪もすっかり乾いてしまいました!

時間にして5分程度でしょうか。

このままドライヤーを動かしたままにして、どのくらい使えるのか試してみます。


■ドライヤーを動かしたまま放置
ドライヤーをONのまま経過を観察
新潟おてんとサンの頭髪が乾いた時点で、チャージコントローラーに表示されているバッテリーの電圧は『12.2V』となっています。

この状態で25分ほど放置してみると、チャージコントローラーに表示されているバッテリーの電圧は『12.0V』となっていました。

頭髪を乾かし始めてから30分ほど経過しているので、ここでドライヤーの電源を切って、実験終了としました。

ここでドライヤーの電源を切った時点でチャージコントローラーに表示されているバッテリーの電圧は『12.5V』に戻りました。


さて、結果をお伝えいたしますと、
ドライヤーを、温風、中程度の風量で『30分』は使える
といった感じです。

さすがに、ドライヤーをTURBOにしてしまうと保護回路が働いてしまいましたが。
中程度の温風で新潟おてんとサンの頭髪はちゃんと乾きました(笑)

普通に頭髪を乾かすだけなら10分も使わないハズですから使えなくもないのですが・・・チャージコントローラーの表示している電流(A)を見ると結構な数字です。

チャージコントローラー・インバーター・バッテリーには、発熱などの異常は見受けられなかったです。


一般の家庭では30〜40Aの契約をしていることが多いと思います。
30Aの契約であれば、30A以上の電流が流れるとブレーカーが落ちてしまいますね。

今回の実験でチャージコントローラーが表示した電流(A)は13.7Aでした。
インバーターが消費している電力も含んだ数字ではあるのですが、ドライヤーが消費する電力の大きさを実感してしまいました。


今回の実験で感じることは、
屋外で、ドライヤーで髪を乾かしている『新潟おてんとサン』はスッゴク滑稽に見えたハズ(汗)
です。

近所の方々に不穏に思われていないかちょっと心配です。


以上、『かんたん自作ソーラー発電』の新潟おてんとサンでした。


【関連記事】

自作ソーラー(太陽光)発電システムの基本
自作ソーラー発電はロスとリスクの塊!?
自作に使うソーラーパネルの選定
沢山の種類があるソーラーパネルは何がどう違うのか?
自作に使うバッテリーの選定と電圧
必読!バッテリーの種類による危険性
自作で使ったチャージコントローラーとその役割
解決!チャージコントローラーとソーラーパネルの関係
インバーターの役割って?交流と直流のおさらい
ソーラー(太陽光)発電用語集

予算1万円なら(自作初心者向き)
1万円以下の自作ソーラー(太陽光)発電システム
具体的な制作方法
充電池を使って乾電池代を節約してみよう
ZO-3(アンプ内蔵ギター)を鳴らしてみよう

予算4万円なら(DIYがお好きな方)
4万円以下の自作ソーラー(太陽光)発電システム
具体的な設置方法
自作システムに中古バッテリーを増設
自作システムに新品バッテリー増設とケーブル類メンテナンス
扇風機は何時間動かせるのか?
⇒消費電力の高いドライヤーは使えるのか?
電動ドライバーは使えるのか?
ワットモニターで電力を計測してみよう!

番外編
プラレールを太陽光で動かしてみよう
プラレールを太陽光で動かしてみよう(その2)

もっと詳しく知りたい『バッテリー』や『ソーラーパネル』の事
バッテリーの容量、『Ah』と『Wh』って何だろう?
バッテリーの『時間率』って何だろう?
バッテリーの容量と使える電力の関係
複数接続したバッテリーの電圧と容量
30Ahのバッテリー、電力と運用時間の早見表
50Ahのバッテリー、電力と運用時間の早見表
105Ahのバッテリー、電力と運用時間の早見表
バッテリーの運用時間をエクセルでシミュレーション
複数接続したソーラーパネルの電圧と電流
ソーラーパネル発電量をエクセルでシミュレーション
バイパスダイオードと逆流防止ダイオードの違いと働き

コラム
自作ソーラー発電、初心者の心得

at 18:38, 新潟おてんとサン, 4万円で自作ソーラー発電

comments(7), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment
kazunari, 2014/04/07 9:47 PM

こんにちは自作ソーラーを夢見る40歳です。新築予定で5キロのせたいのですが、自作は不可能でしょうか?。自分の生活くらいまかないたいのですが。エアコンなどは厳しいでしょうか?

新潟おてんとサン, 2014/04/08 6:03 AM

はじめまして、kazunariさま。

新築のご予定があるとは羨ましいです!


5kWというと、
100W太陽光パネルで50枚、
200W太陽子パネルで25枚、
ということになりますね。


200Wのソーラーパネルで180cm*90cmくらいの面積になります。
およそ畳1畳分の面積です。

これが25枚となると、かなりの面積を要します。

新潟おてんとサンの小さな一戸建てで4kW弱の太陽光パネルを載せるのが限界でした。

しかも、発電効率の良い国産のパネルですので、DIY用途向きのパネルよりもW当たりの面積は小さいです。

新築される家屋(屋根)の面積が5kWの太陽光パネルを載せるのに充分である必要がありますね。


合計5kWのソーラーパネルとなると、何Vのシステムにするのか?
という問題も出てきます。

カーバッテリーなどを流用したDIYソーラーでは、12・24・36・48Vほどのシステム電圧で自作できそうです。

ですが5kW分のソーラーパネルとなると、系統連係型にするのが費用もロスも少なく抑えられるのではないでしょうか。

合計5kWの太陽光パネルが発電する電力を蓄電するには途方もない量のバッテリーを必要としてしまいます。

新潟おてんとサンの100W自作ソーラーでは12Vバッテリーを4つ使っています。
単純に考えて、5kWのDIYソーラーでは一般的なカーバッテリー(3〜40Ah)200個に充電することができてしまいます。

これだけのバッテリーを準備するのも運用・管理するのも大変ですし、無謀といえます。
つまり、系統連係型とするのが妥当といえるのではないでしょうか。


5kW分のソーラーパネルを屋根に設置すること具体的に想像してみましょう。
専門の業者が4〜5人工で丸1〜2日かけて施工する程度の作業量です。

家屋・建築の分野、特にソーラーパネル設置において専門的な施工ができるというスキルが必須となりますね。
そして、電気工事士の資格と実務経験も必要になるかと思います。

この辺がクリア出来るのであれば5kWのDIYソーラーも可能かもしれません。

また、系統連係型とするためには超えなければならないハードルが多数存在します。


そして、太陽光発電の特性も関係してきます。
日中にしか発電できないのです。

ですが一般の家庭で電力を最も必要とするのは夜間ですよね。

つまり、自作ソーラーで生活に必要な電力を賄ためには、それなりの規模の蓄電が必要になってしまいます。
前述しましたが、DIYで合計5kWの太陽光パネルに必要な規模の蓄電をするのは、現段階では無謀ともいえるようなチャレンジかもしれません。

となると、やっぱり系統連係型のソーラー発電を設置して、売電収益と消費電力の差益を得るのが効率が良いのではないでしょうか?


ちょっと否定的な意見ばかり述べてしまいました。
悪気があっての意見ではありません。

100Wとか500Wとか、DIYで済ませられる程度のものであればリスクも知れていますが、5kW分となると話が違ってきます。

5kWソーラーパネルが発電し得る、
50V・100Aとか
100V・50Aとか
200V・25Aとか
の直流電流って、ちょっとリスクが大きいのではないかなって感じてしまうのです。


ここはひとつ、50W程度のDIYソーラーを自作してみてはいかがでしょうか。
それを100個(5kW分)準備すると想像してみると、どんな設備やスキルや費用が必要になってくるのか実感できるかと思います。

まずは趣味(失敗しても楽しめる)の範囲で実践して、可能なのであれば規模を大きくしてみるというのが安全な方法かなと感じます。


質問の答えとしては、

『kazunariさまがソーラー発電の専門業者と同程度のスキルと資格を有しているのであれば自作は可能』

ということになります。

O.H, 2015/02/28 12:24 PM

初めまして。
作業場に電気をひかずに、自作で発電機を作ってみようと考えております。
工業用扇風機(100w/1A)と、携帯(iPhone2台)
の充電ですと、どのくらいのシステムになりそうでしょうか。
工業用扇風機は、10時間位は動かしたくて、携帯充電は臨時の場合を考えて余裕のある大きさにしたいと思っています。
そして、ゆくゆくはノートパソコンを使えるようにソーラーパネルを増設出来たらと思っています。

200Wのソーラーパネル1台と、12V/105ahのバッテリー3台あれば賄えそうででしょうか。

機械が苦手で、こちらのサイトで自分なりに勉強しておりますが、どうもよくわからない事だらけで。。。
アドバイス頂けましたら幸いです。

新潟おてんとサン, 2015/02/28 9:03 PM

はじめまして、O.Hさま。

10時間ということは、明るい時間帯はほぼ動かすということですね。

ポイントは、日中に工業扇を動かしながら、前日の夜間に減った分のバッテリーをどれだけ充電できるか?
という部分でしょうか。

200Wパネルが200Wを出力するのは、晴天時の3時間ほどです。

仮に、9時から19時の10時間とします。

まぁ、晴天時の9時といえば、100W以上は発電するでしょう。
僅かながらでも充電しながら11時を超えて、16時頃にはバッテリーがフル充電になっていて、残りの3時間はバッテリーのみで運用するようなイメージですね。

数字だけで計算してもあくまで理論値ですし、雨天が続いた場合のことも考えると、バッテjリーもパネルも大きい方が良いでしょう。

とりあえずは合計315Ahのバッテリーでやってみて様子を見つつステップアップしてみてはいかがでしょうか。

日照状況や運用する時間帯、パネルの向きやバッテリーの劣化などなど、一言ではいえない微妙な関係です。

で、足りないようであれば、
・バッテリーを増やせば解決するのか?
・パネルを増やせば解決するのか?
・もしくはその両方か?
を吟味して増設していくことになるでしょう。

以上が新潟おてんとサンの返答となります。

200Wパネルは〜150W程度までのパネルとは仕様が異なるので、使えるチャージコントローラーも慎重に検討してみてくださいね。

では、また何かありましたら気軽にコメントなど残していってください。

O.H, 2015/03/01 10:41 PM

新潟おてんとサン様

アドバイス頂きまして、ありがとうございます。
言葉足らずな質問であったにもかかわらず、ご丁寧に回答頂けて嬉しく思います。

扇風機は、御察しの通り、日中使います。
しかし、真夏は夜も使用する事が多いため、
出来れば余裕を持って毎日稼働出来るようにシステムを作りたいと思っています。


改めて考え直し、
100wソーラーパネル2枚(並列で繋ぐ)
チャージコントローラー30A
インバーターDC12v/AC1000v
12v/105Ahバッテリー 4台(並列で繋ぐ)
で作ろうと思っています。。。。が、自信がないのが現状です。ドキドキ。

他に必要な部材があれば再度アドバイス頂けたら幸いです。
(ソーラーパネルを購入する際に、
逆流防止ダイオード、接続端子コネクタ、
ケーブル90センチがセットで付いてくるようです。)
あと、インバーターの選び方ですが、最大出力が何Wのものを選ぶと良いのでしょうか?

大きいものであれば間違いないのでしょうが。。。

新潟おてんとサン, 2015/03/02 5:29 PM

こんにちは、O.Hさま。

12Vバッテリーが4個となると、4直列48Vとした方が良いような気がします。

バッテリーの並列接続はあまりお勧めできる方法ではないからです。

まぁ僕の4並列12Vバッテリーは特に問題なく動いていますけどね。
見えない部分で劣化が進んであるのかも知れません。

バッテリーの並列接続については、
・新ブログ
http://www.solar-make.com/faq/battery-parallel-inportant-point/2898/
も参考にしてみてください。

バッテリーの電圧を12Vにこだわる点としては、カーアクセサリがそのまま使える点でしょうか。

インバーターとACアダプタ経由で、
DC12V(バッテリー)
⇒AC100V(インバーター)
⇒⇒DC12V(ACアダプタ)
という変換がもったいないですしね。
携帯やスマートフォンの充電も必要であれば12Vバッテリーが使いやすいです。

インバーターについては、100W扇風機のみをしようするのであれば、300W程度のもので充分でしょう。

逆に、インバーターが大きすぎると、インバーターの自己消費も大きくなりますから、やはりバランスは大切かと。

先々、他の機器もAC100Vで使いたいとなると話は変わってきます。

また、インバーターだけはチョット良いものを選んでおくのが賢明かと思います。

AC100Vで動作する扇風機はACモーターを使っています。
安価なインバーターは矩形波を出力するので、モーターがぎこちなく動くことがあります。
また、安価なインバーターはすぐに壊れてしまいます。

必要なW数に応じた正弦波インバーターがあると良いかと思います。

インバーターについては、
・新ブログ
http://www.solar-make.com/off-grid-solar/inverter-dc-ac/596/
も参考にしてみてください。

他に必要な部材としては、
・パネルの架台や設置に必要な金具など
・バッテリーとインバーターなどを繋ぐケーブル類
・ケーブルの両端を始末する圧着端子
・バッテリーやインバーターやチャージコントローラーを格納するのであればなにかしらの容器
なんかが必要でしょうか。

例えば、
・パネルは外壁に庇代わりで
・バッテリーは風通しの良い屋内
・チャージコントローラーとインバーターは使用する屋内の壁や分電版的なところに据付
というパターンであれば、別な部材が必要になるでしょう。

ケースバイケースですね。

あとは、ソーラーパネルとチャージコントローラーとインバーター、それぞれのスペックを慎重に比較してください。

ではでは、また何かありましたらお気軽に。

ゴマちゃん, 2015/09/27 4:20 PM

新潟おてんとうさまへ
今日晴天の香川はさぬき市の 大串自然公園に行きまして、以前貴方にコンタクトを取ったというアマチュア無線のおじさんに出会いましてこのHPにたどり着いた者で渡辺明と申します!

実は横浜から四国に移住したのですが四国の冬がこんなにも寒いとは、、、、カルチャーショックでして、冬の暖房費が1ヶ月14,000円台になってしまい
なんとかならんのか? DIYソーラーが
ソリューションのKEY!! と期待しているのです

デロンギ製のオイルヒーター6畳タイプ
これを夜だけ約10時間稼働させるためのDIYシステムを導入例と共に教えて頂きたいのですが大丈夫でしょうか?

渡辺 明










trackback
url:http://home.solar-make.com/trackback/122