<< 自作も可能!?1億9800万円のメガソーラーキット! | main | 4万円自作ソーラー発電システムでドライヤーは使えるのか? >>

4万円自作ソーラー発電システムに新品バッテリーを増設!ついでにケーブルのリフレッシュ

当ブログはお引越し中です。

この記事は画像などを修正、加筆して、

・新ブログのトップページ
自作DIYソーラーと太陽光発電で売電・節約・エコ人生

・新しい記事ページ
4万円で自作したDIYソーラー発電に新品バッテリーを増設!ケーブル類もリフレッシュ!

という記事に移行しました!

 

4万円以下の自作かんたんソーラー発電に新品バッテリーを増設
新品のバッテリーを増設
2011年に自作したソーラー(太陽光)発電システムも運用3年目に突入しました。
2012年にも中古バッテリーを増設したのですが、なかなか快適に運用できています。

今回は新品のバッテリーが我が家に放置してあるので、コレを有効に使ってみます。
ついでに、メンテナンスも兼ねて全部解体して、ケーブルを太い物に交換するリフレッシュもしてみましょう。


■12Vのバッテリー4つを並列接続に
3並列から4並列へ
増設自体は単純です。
ですが、各バッテリーやチャージコントローラーなどを接続しているケーブルも劣化しているはずです。
今回は、一旦すべて分解してケーブルを新しい物と交換することにします。

※バッテリーは、本来は同じ規格の物を新品ですべて同時に揃えるのが望ましいです。
また、ディープサイクルバッテリーの使用を強くオススメします。



■バッテリー増設前のシステム
現在の発電システムと増設するバッテリー
バッテリーの規格が違うのですが・・・放置していてももったいないので自作のソーラー(太陽光)発電システムに増設してしまいます。

当初はバッテリー2つで始めたシステムが、3年目を迎えてバッテリー4つに成長しようとしています。
ホントはディープサイクルバッテリーを2・3個準備して、自動車用のバッテリーの使用を止めたいのですが、懐具合の方がそれを許してくれません(泣笑)

画像のシステムは一旦解体して、バッテリーの増設とケーブルの交換を行います。


■チャージコントローラー、インバーター、バッテリーを全て外す
ソーラー発電システムを分解
チャージコントローラーはソーラーパネルと接続されている状態なので、それ以外のインバーターとバッテリーをコンテナボックスから取り出します。
右下に見切れているのが、今まで使っていた古いケーブルです。

バッテリーの端子などは接点グリスなどで磨いておきます。

中央にある赤と黒のケーブルが交換用に準備したケーブルです。
今まで使っていたケーブルよりも大幅に太くしました。


■各バッテリーの電圧を計測してみる
各バッテリーの電圧を測定
上段左右の2つが一番初めに購入したバッテリーです。
3年目になるので、若干電圧が低いですね。
仲良く13.02Vです。

左下が1度目に増設した中古バッテリーです。
13.13Vと、こっちは意外と元気なようです。

右下が今回増設する新品のバッテリーです。
放置してあったので若干放電しています。

それぞれのバッテリーは液量をチェックしておきましょう。


■コンテナボックスに配置する
バッテリーとインバーターをコンテナボックスに配置
バッテリーとインバーターをコンテナボックスに配置します。

左上のバッテリーは、もしもの時に持ち出せるようにワニ口クリップで接続することにします。

今回増設する新品のバッテリーは左下に配置してあります。


■各ケーブルを必要な長さに切断して端子などを圧着
ケーブルの加工
圧着の前後と、以前使ってたケーブルとの比較
上の画像、長さを合わせて被覆を剥いたケーブルと、息抜きの為に準備したミルクティーです。
コンテナボックス内に配置したバッテリーなどにケーブルをあてがって、目分量でドンドン切断します。
圧着の失敗や配置の微調整などを考慮してケーブルには余裕を持たせておきます。

中の画像、端子などを圧着して完成したケーブルです。

右下の画像、一番左のケーブルが今まで使っていたケーブルです。


■バッテリー、インバーター、チャージコントローラーを接続
チャージコントローラーとバッテリーの接続完了
ショート(短絡)に気をつけつつ、サクサクと接続します。

バッテリーとバッテリーを接続するときは、お互いの+と-をクロスさせてしまわないようにしてくださいね!

パッと見は以前の状態と変わりませんが、ケーブルは以前の物より整理されている気がします。


■バッテリーへの充電を確認して増設完了
無事に充電開始
インバーターも動作させてみて、問題が無ければ作業完了です。


所要時間は1時間30分ほど。
ミルクティー片手に一服と称して頻繁にサボりつつ作業しました(笑)

このところ気温が低い日が続いていたのですが、今日は晴天に恵まれたので久しぶりの『ひなたぼっこ』を満喫させていただきました。


今回のバッテリー増設で、自作のソーラー発電システムは今まで以上にスタミナが増えました。
こうなるとパソコンだけでなく他の家電製品を実際に使ってみたくなります。

ドライヤーとか、掃除機とか、洗濯機とか、自作ソーラー(太陽光)発電の手強いライバル達が沢山いますから、機会があれば対決の様子をレポートいたしますね。


さて、新潟おてんとサンの『4万円以下の自作かんたんソーラー発電』は、自動車用のバッテリーを使っています。
自動車用のバッテリーを流用するうえで注意が必要な点も多々あります。
ソーラー(太陽光)発電の自作・運用はあくまで自己責任でお願いいたします。

バッテリーの違いによる注意点などは、以下の【関連記事】にまとめてありますので、興味があったら読んでみてください。

良い子の皆さんは、より安全な『ディープサイクルバッテリー』で実践してみてくださいね(笑)


以上、『かんたん自作ソーラー発電』の新潟おてんとサンでした。


【関連記事】

自作ソーラー(太陽光)発電システムの基本
自作ソーラー発電はロスとリスクの塊!?
自作に使うソーラーパネルの選定
沢山の種類があるソーラーパネルは何がどう違うのか?
自作に使うバッテリーの選定と電圧
必読!バッテリーの種類による危険性
自作で使ったチャージコントローラーとその役割
解決!チャージコントローラーとソーラーパネルの関係
インバーターの役割って?交流と直流のおさらい
ソーラー(太陽光)発電用語集

予算1万円なら(自作初心者向き)
1万円以下の自作ソーラー(太陽光)発電システム
具体的な制作方法
充電池を使って乾電池代を節約してみよう
ZO-3(アンプ内蔵ギター)を鳴らしてみよう

予算4万円なら(DIYがお好きな方)
4万円以下の自作ソーラー(太陽光)発電システム
具体的な設置方法
自作システムに中古バッテリーを増設
⇒自作システムに新品バッテリー増設とケーブル類メンテナンス
扇風機は何時間動かせるのか?
消費電力の高いドライヤーは使えるのか?
電動ドライバーは使えるのか?
ワットモニターで電力を計測してみよう!

番外編
プラレールを太陽光で動かしてみよう
プラレールを太陽光で動かしてみよう(その2)

もっと詳しく知りたい『バッテリー』や『ソーラーパネル』の事
バッテリーの容量、『Ah』と『Wh』って何だろう?
バッテリーの『時間率』って何だろう?
バッテリーの容量と使える電力の関係
複数接続したバッテリーの電圧と容量
30Ahのバッテリー、電力と運用時間の早見表
50Ahのバッテリー、電力と運用時間の早見表
105Ahのバッテリー、電力と運用時間の早見表
バッテリーの運用時間をエクセルでシミュレーション
複数接続したソーラーパネルの電圧と電流
ソーラーパネル発電量をエクセルでシミュレーション
バイパスダイオードと逆流防止ダイオードの違いと働き

コラム
自作ソーラー発電、初心者の心得

at 20:22, 新潟おてんとサン, 4万円で自作ソーラー発電

comments(2), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment
Takuya Ikeda, 2017/01/25 2:10 PM

今、ソーラーを自作しようと思っております。
そこでお教えいただければと思います。
230Wのソーラーパネルを2枚と、1枚を使って別々に接続しようと思っております。このソーラーパネルの詳細は、動作電圧30.3V、動作電流7.59A、開放電圧36.6V、短絡電圧8.26V,最大電圧1000Vパネルです。2枚の方は、直列で24Vにして、バッテリーも24V系で行こうと考えております。2枚のほうも1枚の方もコントローラーを24A以上ので対応しようと思います。この際のバッテリーに関して2枚の方ならどれくらいのバッテリーを組めばいいでしょうか?また一枚のほうに関してもどれくらいのバッテリーを組めば問題ないかお教えくださいませ。またコントローラに関しては安くて問題ない商品も教えてくれませんか?また、そのほかにも、気になるところあればお教えくださいませ。お願いします。

新潟おてんとサン, 2017/01/29 8:59 PM

はじめまして池田さま。
メッセージありがとうございます。

ご質問の件、思うところを書かせていただきますね。



>>この際のバッテリーに関して2枚の方ならどれくらいのバッテリーを組めばいいでしょうか?また一枚のほうに関してもどれくらいのバッテリーを組めば問題ないかお教えくださいませ

バッテリーは、チャージコントローラーの仕様を確認して、その範囲に収まっていれば良いワケです。

例えば、
システム電圧(バッテリー電圧):12V/24V
最大パネル電圧:50V
定格電流:30A
最大バッテリー電圧:34V
といったチャージコントローラーがあったとします。

パネルは1500W程度まで入力出来ますね。

で、バッテリーは34Vまでとあるので、一般的な12Vバッテリーであれば2直列まで使えることになります。
※12Vバッテリーといっても、満充電で14.5V以上になる場合もあるので、3直列(36V系)のシステムにはできないと読み解けますね。

要は、バッテリーは12V/24VであればOKということです。
容量は、どんな用途で使うかによって必要な容量が変わってくるでしょう。

何に使うのか?
ってことですね。

12V:30Ah程度のバッテリーでカーアクセサリー的な機器を使うとか、
12V:100Ah程度のバッテリーでDC冷蔵庫を使うとか、
24V:100Ah程度のバッテリーでDC-ACインバーターを使ってAC100V機器を使うとか、
上記のようなスペックのチャージコントローラーであれば、いずれの用途でも使えます。



>>コントローラに関しては安くて問題ない商品も教えてくれませんか?

安く抑えたいならPWM制御のチャージコントローラーを選ぶことになるでしょう。
で、先々パネルを増やす予定が無いのであれば20A程度のチャージコントローラーで事足りますね。

PWM制御で20A程度のチャージコントローラーなら、それこそ3000円くらいからありますよね。



いかがでしょうか。
とりあえず思うところの走り書きなので、誤字脱字云々あるかと。

あくまで『新潟おてんとサン』の思うところであります。
コレが全て正しいとか、そういう意味合いの意見ではありません。

では、また何かありましたらお気軽に。










trackback
url:http://home.solar-make.com/trackback/121