<< 都道府県別、日照量(時間)ランキング!過去20年間の統計、ソーラー(太陽光)発電お役立ちデータ | main | 2013年4月のソーラー(太陽光)発電状況 >>

ソーラーパネルの傾斜別と方角別の発電量の比較

当ブログはお引越し中です。

この記事は加筆修正して、

・新ブログのトップページ
自作DIYソーラーと太陽光発電で売電・節約・エコ人生

・新しい記事ページ
ソーラーパネルの傾斜と方位の違いによる発電量の比較

という記事に移行しました!



ソーラーパネルの傾斜別と方角別の発電量の比較
ソーラーパネルを設置する屋根の勾配や方角によって、どのくらい発電量が変わるのか?

新潟おてんとサンの家に設置してあるのは『京セラ』のソーラーシステムなので、京セラが提供している情報をもとにまとめてみました。


■ソーラーパネルの傾斜別と方角別の発電量の比較

方位角(ソーラーパネルの向き)

(真南)
15° 30° 45° 90°
(東、西)









水平面 88.4% 88.4% 88.4% 88.4% 88.4%
10° 94.3% 94.1% 93.4% 92.3% 87.6%
20° 98.2% 97.8% 96.6% 94.6% 85.8%
30° 100.0% 99.6% 97.8% 95.1% 82.8%
40° 99.7% 99.0% 97.0% 93.6% 78.9%
京セラのHPよりデータを引用いたしました。

地域によって、ソーラーパネルを設置するのに最適な角度が違うので、東京地区での設置角度に対する発電量の比較となっています。

もっとも日照量が得られる角度は、季節や緯度・経度によって大きく変わってしまいます。
東京都の場合、最適な傾斜角度を年間で平均すると32°となるようです。
一方、北海道の最北端では31.5°、福岡では25.4°といった感じです。

この表は、
・パネルの傾斜が『30°』
・パネルの向きが『真南』

の場合を100%の発電量としたときの比較です。

ソーラーパネルの傾斜が10°〜40°、真南に対して45°(南西or南東)の範囲であれば、90%以上のパフォーマンスを発揮出来るといった感じですね。

ちなみに、北側にソーラーパネルを設置した場合は50%程度になってしまうそうです。

数字だけではチョット物足りないので、以下に『新潟おてんとサン』風にイラストでまとめてみました。


■ソーラーパネルの傾斜が0°(水平)の場合の、方位別の発電量
ソーラーパネルが水平のときの方位別の発電量
パネルに傾斜が無ければ、どの向きに設置しても発電比は変わりません。
ほとんどの場合は、大きく分けて南・南東・南西のどれかに設置することになると思うので、パネルを水平に設置するのはチョットもったいないですね。


■ソーラーパネルの傾斜が10°の場合の、方位別の発電量
ソーラーパネルの傾斜が10°のときの方位別の発電量
ソーラーパネルを真南に向けても、5.7%のロスが発生してしまいます。


■ソーラーパネルの傾斜が20°の場合の、方位別の発電量
ソーラーパネルそ傾斜が20°のときの方位別の発電量
この辺から実用域に入るといった感じでしょうか。
方位が東西に30°動いても3.4%のロスでしかありません。


■ソーラーパネルの傾斜が30°の場合の、方位別の発電量
ソーラーパネルの傾斜が30°のときの方位別の発電量
東京都でのベストな傾斜角度です。
方位が東西に30°動いても2.2%のロスでしかありません。


■ソーラーパネルの傾斜が40°の場合の、方位別の発電量
ソーラーパネルの傾斜が40°のときの方位別の発電量
方位が東西に30°動いても3.0%のロスでしかありません。


いかがでしょうか?

あくまでも東京都の場合は32°がベストですのでお間違いなく。
北海道の最北端では31.5°、沖縄では15.0°がベストな傾斜角度になるとのことです。


ソーラー(太陽光)発電を導入or自作する際の参考にしてみてください。

以上、『かんたん自作ソーラー発電』の新潟おてんとサンでした。


【関連記事】

ソーラー(太陽光)発電システムの設備
・ソーラーパネルの傾斜別と方角別の発電量の比較
ソーラーパネルの温度と発電量の関係
ソーラーパネル(太陽電池)の種類
余った電気を売れるのが一番の魅力!
自宅ソーラーパネルの増設工事
晴天時の発電状況
雨天時の発電状況
家電製品の消費電力は『おいくら万円!?』
秋晴れの新潟県、1日の売電収入とオフグリッドソーラーの発電状況は?
ソーラー(太陽光)発電用語集


PR

 

at 04:28, 新潟おてんとサン, 住宅用ソーラー発電システム

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。