ヤカンのお湯で保温している水槽のフロリダブルー(ハマー)

1番と2番目に大きいフロリダブルー(ハマー)

本格的に寒くなってきた新潟県。
この11月はホントにお天気が悪いですね。

ソーラーは発電しないし、雨はナカナカ降り止まないしで、すっかりインドアな新潟おてんとサンです。


で、やることが無いからと、パソコンをいじっては水槽を眺めるということの繰り返し。
まったくもってフシダラです(笑)


こんな新潟おてんとサンを尻目に、フロリダブルー(ハマー)の稚ザリくんたちはとっても元気な様子です。

一番大きなのと、2番目に大きなのが珍しく近くで活動していたので写真に収めました。
画像の2匹はそろそろ稚ザリくんを卒業する時期でしょうか。


電気代の節約の為に、石油ストーブで沸かした鍋とヤカンのお湯を直接投入しています。

キャプロンでくるんだ水槽は、深夜の3時で室温が8度という状況でも、水温22度ほどをキープしています。
ヒーターの稼動を管理するサーモの温度設定は18度になっていますから、まだ水槽のヒーターは稼動していないようですね。


鍋とヤカンのお湯を直接投入するという、われながら大雑把な飼育のしかたですが、皆元気で何よりです。


1番と2番目に大きいフロリダブルー(ハマー)正面

ひとしきりミンナが大きくなってくると、ブロックの奥にかくれている一番小さなフロリダブルー(ハマー)の稚ザリくんの成長が気になりますね。

この子が一番カワイかったりします。


ソーラーが発電してくれないと引きこもりがちになってしまいますね。

以上、『かんたん自作ソーラー発電』の新潟おてんとサンでした。


【関連記事】

節電アクアリウム
節電のために水槽をキャプロンで冬囲い
120cmのアクリル水槽のお掃除

DIYで節約飼育用品
水槽セパレーターを自作してみよう
自作の穴あきプラケースで単独飼育
レイシーP-425Sのメンテナンス

フロリダブルー(ハマー)飼育
フロリダブルー(ハマー)の稚ザリが脱皮した!
フロリダブルー(ハマー)の稚ザリが更に脱皮した!
フロリダブルー(ハマー)が脱皮を繰り返して大きくなってきた
アメリカザリガニの稚ザリが脱皮した
120アクリル水槽のザリガニゾーンに流木を追加
リング濾過材をネットに入れて水槽に直接放り込む!
脱走防止の自作セパレーターの効果のほどは?

at 19:42, 新潟おてんとサン, 節電・節約アクアリウム

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク